ブレインスリープピローの高さや硬さなど、原則的な情報をアドバイスしていきます。

 

ブレインスリープピローってどんな素材?
ブレインスリープピローの特徴は、とにかく「ブレインスリープピロー素材でがなされていること」にまとめ上げることができます。
まずは、ブレインスリープピロー素材の基本インフォメーションについてまとめていきます。

 

まずざっくり、インプレッションを箇条エントリーしてでまとめておきます。

 

体重・体格どおりに枕が変化する → フィット感強め
高い耐久性(オリジナルネックピローは確証)
寒いと硬くなる(前述のとおり)
高い密度なので、不用意に沈み込まない

 

NASAが発明した材料を長年にわたって研究し、ブレインスリープピロー素材を開発、世界初めてという低反発素材のマットレスとピローを作り上げました。
(中略)だからこそ、私たちの製品は生活の質を上げるマットレスとピローとして、唯一NASAの認定に基づいているのです。
(中略)ブレインスリープピロー素材は他のどのような素材でもなくます。私たちの科学者は睡眠のためのブレインスリープピロー素材を30年以上かけて改善、完成させました。そのフォーミュラは常に家の都合に保たれています。現在の状態、その作り方を知るのはワールドワイドにも10人以下で、全員がブレインスリープピローの社員です。

 

 

 

ブレインスリープピロー素材は、体温や体重、格好に反応し、カスタムメイドの遺憾ながらようにあなた自身の寝姿勢にぴったり沿う面白さとアフターサービスを達成します。あなたにとってやはり快適な姿勢がどのような姿勢であろうとも、ブレインスリープピロー素材が援助して、身体が待ちわびるとおりのサポートと心地よさを使えるようにします。

 

正しい枕の向きは?→大きい山を首を目掛ける
ブレインスリープピローは、フタコブの形状であるに違いありませんが、
大きい山を首の方に活用するのが正解です。

 

 

 

「高い方・低い方多い方を使われる」って思われることが多いだけど、
2WAY仕様なんてどこにも書いてないし、実際の寝心地がかなり変わるからご留意ください!
硬さ:標準
ブレインスリープピローは、標準程度の硬さです。

 

素材自体がにものすごく密度があるので、ソフト感はあんまりしません。
ただ、手でグッと押してみると、しっかり手形が残されます。

 

 

押された箇所だけが一個に狙い定めてひずみ写真を撮るのにうってつけの感じです。
もちろん、頭を積み込んだ場合は、頭の形にゆがみします。

 

一般的な低反発枕とは違うのは、素材がギュッと詰まった密度の高さと、「狙い撃ち」で変形する感覚の強さ。

 

多くの低反発枕は、もっと密度の低いスポンジのような感想だったり、押行った場所を中心に「面」で変形写真を撮るのにうってつけの感じがあったりします。
それと比べると、素材が密に見られます感触や、ピンポイントで変形する感じが、何にも増して独自のものとなります。

 

 

 

 

 

 

洗濯方法:洗濯不可
ブレインスリープピローは、洗濯不可能です。

 

重要:ブレインスリープピロー素材を洗濯しないでください。

 

よって、普段のメンテナンス方法は陰干しが基本です。
日の当たらない風通しのいい場所に、空気が通るように置いておきましょう。

 

ちなみに、こんな枕ハンガーがあると、陰干しのめんどくささが大幅解消されます。

 

 

 

 

ブレインスリープピローのメリット
ブレインスリープピローならではの安心・バツグンのフィット感
え?メリット1個だけ?という感じかもしれませんが、
もうとにもかくにもこの独特のフィット感、これがブレインスリープピローをブレインスリープピローたらしめる、最大の要素だと思います。

 

手で押したら、手形と同じ形に凹む。
頭を乗せたら、頭の形に凹む。
でも、凹みすぎるわけではなく、ほどほどの沈み込みでピタッと止まる。

 

 

「ソフト」というよりは、「フィット」という感じ。
おそらく、世界中のブレインスリープピロー愛好家は、これに惹かれてブレインスリープピローを何度もリピートしているのではないでしょうか。

 

 

 

このピンポイント変形がもたらすフィット感、これこそブレインスリープピローを世界最大級の寝具ブランドに押し上げた原動力じゃないかな!